積み木

長期出張で活用でいるリロケーション|マンション投資のキホン

資産運用のプランを

お金を持つ人

収益物件の魅力は低金利の中で高くなっています。安定した収益を得るには、様々な状況変化に上手く対応する必要があります。状況の変化をチャンスに変えることで、収益物件の経営を上手く行うことも可能となります。

Read

物件の多様化が進む

男性

日本では不動産価格の長期下落に歯止めがかかり、一部の地域では常用に転換しています。収益物件にも多様化が進んでおり、海外からの投資マネーの流入も顕著になっています。投資対象が多様化しているので長期的に低利の資金が調達できれば収益物件を開発できる投資環境になっています。

Read

収益性の高い物件の条件

レディ

高い利回りが期待できる賃貸用物件のことを収益物件といいます。賃貸需要が多く家賃相場も高いなどの条件を満たす立地を探す必要があります。新築の物件が増えていることから、今後はいかに賃借人を確保するかが課題にもなります。

Read

空室が怖くなくなる対策

空き部屋

家賃収入を得られない空室

最近では、マンションに投資される方が増加しています。特に区分マンションへの投資件数が増加しており、多くの方が着実に資産形成をされています。しかし、マンション投資をされる方の中には、失敗される方もいらっしゃいます。マンション投資で成功するためには、なぜ失敗するのか、どうすれば失敗を回避できるのかを事前に知っておくことが重要です。マンション投資で失敗する最も大きな原因が、空室です。家賃収入を得られるマンション投資は、空室になると家賃収入を得ることができません。何より空室期間を短くすることが、マンション投資の成功に必要不可欠なものとなります。空室期間を短くするためには、3つの対策をしっかりと取ることが重要です。

空室リスクの3つの対策

空室期間を短くする1つ目の対策が、魅力的な物件を保有することです。魅力的な物件とは、良い立地と入居者ニーズを満たした物件を指します。最寄り駅から徒歩10分以内であることは必須条項です。また、入居者が希望する設備を導入することで、空室率を下げることができます。立地と設備を厳しい目で確認し、購入する物件を厳選することが重要です。2つ目の対策が、不動産管理会社を比較することです。不動産管理会社は、空室率の鍵を握る存在です。不動産管理会社を変更しただけで入居者が即決まることもあり、優秀な不動産管理会社と管理契約を結ぶようにしましょう。3つ目の対策が、空室リスクを分散させることです。区分マンションを1戸だけ保有していると、入居率は100%か0%です。2戸保有すると、入居率は100%か50%、0%となります。複数の戸数を保有することは、リスクを分散させることに繋がります。100%か0%かの二極化を避けるために、複数の戸数を保有する前提でマンション投資を行うことが重要です。また、マンション投資以外にも注目されているのが、リロケーション物件です。所持している戸建ての物件を人に貸すことで利益が得られます。長期出張で家を留守にする場合、リロケーションを依頼することで家賃収入が得られるようになります。